セミナー

2016年01月25日 製品含有化学物質管理シンポジウム2016
  • PDFでダウンロード

  管理ガイドライン作成技術委員会では、製品に含有される化学物質を適切に管理し、サプライチェーンの中で円滑に開示・伝達の実践を推進するため、「製品含有化学物質管理」の体系的な考え方を提案する「製品含有化学物質管理ガイドライン」および、関連する業界団体等とも適宜、連携して、重要となる工程や製品についての解説資料(管理ガイドラインの補足文書となるガイダンス等)を作成しております。解説資料は、単独あるいは業界団体等と共同で作成する他に、業界団体等の作成された文書がJAMPの文書と同等以上であることを「推奨」することで、サプライチェーンで共有・実践されるべき考え方などを広く周知するような活動も行っています。
  5回目となる今回のシンポジウムでは、製品含有化学物質管理ガイドラインを取り上げます。第3.0版の管理ガイドラインは、一般社団法人日本化学工業協会、一般社団法人日本鉄鋼連盟、一般社団法人日本表面処理機材工業会、電機・電子4 団体 製品含有化学物質専門委員会、旧グリーン調達調査共通化協議会とJAMPの協働検討の成果として、2013年2月に発行したものです。
  現在、管理ガイドライン作成技術委員会では、管理ガイドラインの見直しに向けて、検討を進めています。製品含有化学物質管理の基本的な考え方は、情報伝達書式などに依らない普遍的なものと位置づけていますが、第3.0版の管理ガイドライン発行後に得られた知見やサプライチェーンにおける管理の実情の反映、昨秋に改定されたISO 9001やISO 14001等の規格との整合などを考慮することで、より使いやすく実践的なガイドラインにすることが見直しの狙いです。
  シンポジウムでは、見直しにおける基本的な考え方や検討結果などを説明させていただき、管理ガイドラインの改定に向けた意見交換によって、検討を深めたいと考えております。また、シンポジウムの終了後、製品含有化学物質管理に関する個別の「ご質問」に管理ガイド委員が回答する「相談会」を開催します。
  つきましては、下記の参加要領をご覧いただき、ふるってご参加いただきたくご案内申し上げます。

  • ■日時 2016年2月19日(金)13:00~17:00(受付開始:12:30)
  • ■場所 東京都千代田区霞が関3丁目3番地3号 全日通霞が関ビル8階大会議室
  • ■参加費 一般/2,000円、JAMP会員/無料
  • ■申込締切 2月15日(月) ※定員になり次第締め切らせていただきます。
  • ■申込方法 添付のご案内をご確認の上、下記よりお申込みください。
  •             お申込み時、及びシンポジウム当日のアンケート記入にご協力をお願いします。
  • 製品含有化学物質管理シンポジウム2016お申込み画面
  • ※詳細につきましては添付のPDFをご覧ください。

以上 どうぞよろしくお願い申し上げます。

ページトップ