セミナー

2017年01月16日 製品含有化学物質管理シンポジウム2017
  • PDFでダウンロード

  JAMP管理ガイドライン作成技術委員会では、製品に含有される化学物質を適切に管理し、サプライチェーンの中で円滑に開示・伝達の実践を推進するため、関連する業界団体等とも適宜、連携して、「製品含有化学物質管理」の体系的な考え方を提案する「製品含有化学物質管理ガイドライン」(以下、管理ガイドライン)および、重要な工程や製品についてのガイダンス資料を作成しております。業界団体等で作成された同様の文書が、JAMPの発行する文書と同様に活用されるように、「推奨」もしています。このような活動を通じて、製品含有化学物質管理の考え方などを広く周知し、サプライチェーンで共有・実践されることを目指しています。
  6回目となる今回のシンポジウムでは、管理ガイドラインの附属書として提供している「チェックシート」のあり方を主なテーマとして取り上げます。
  現在、管理ガイドラインの上位文書となる、JIS Z 7201(製品含有化学物質管理-原則と指針)の改定検討が進んでいますが、JAMPとしては、JIS Z 7201の改訂版が発行され次第、その内容をふまえて、管理ガイドラインの改訂に着手する計画です。現在公開されている第3.0版の管理ガイドラインは、一般社団法人日本化学工業協会、一般社団法人日本鉄鋼連盟、一般社団法人日本表面処理機材工業会、電機・電子4 団体 製品含有化学物質専門委員会、旧グリーン調達調査共通化協議会とJAMPの協働検討の成果として、2013年2月に発行したものです。今回の改訂においても、関連団体と一緒に検討を行うことが重要と考えておりますが、チェックシートは、管理ガイドラインの独自の機能となっており、裁量が大きい部分となりますので、チェックシートの活用状況を把握し、チェックシートに対するご意見・ご提案をふまえて、改訂に取り組みたいと考えております。
  また、シンポジウムの開始前に、製品含有化学物質管理に関する個別の「ご質問」に管理ガイドライン作成技術委員が回答する「個別相談会」を開催します。
  つきましては、下記の参加要領をご覧いただき、ふるってご参加いただきたくご案内申し上げます。

  • ■日時 2017年2月10日(金) 13:00 ~ 16:15 (受付開始:12:30)
  • ■場所 東京都千代田区神田駿河台3丁目6 全電通労働会館3階多目的ホール
  • ■参加費 一般/2,000円、JAMP会員/無料
  • ■申込締切 2月6日(月)12時(予定人数に達し次第申込み受付を終了いたします)
  • ■申込方法 添付のご案内をご確認の上、下記よりお申込みください。
  •             お申込み時、及びシンポジウム当日のアンケート記入にご協力をお願いします。
  • 製品含有化学物質管理シンポジウム2017お申込み画面
  • ※詳細につきましては添付のPDFをご覧ください。

以上 どうぞよろしくお願い申し上げます。

ページトップ