過去の記事

インフォメーション

2012年09月27日 REACH第8次SVHC候補公示パブコメ物質に対するJAMP物質リストへの掲載情報のお知らせ

  2012年9月3日に欧州化学品庁(ECHA)から第8次SVHC(Candidate List)の候補54物質の公示があり、10月18日までパブコメが募集されています。その後、関係委員会の審議を経てSVHCが最終決定される予定です。

  候補54物質はCASレベルの展開で59物質となります。 JAMP管理対象物質リストVer.3.010とこれを利用した入力支援ツールMSDSplus ver.4.0とJAMP AIS ver.4.0では、これらの59物質のうち、15物質が未収載(内3物質は相当物質あり)で、残りの44物質が収載済みです。

  その結果、既に含有物質調査して情報収載されている製品については、もしリストに収載済みの44物質が含有されていれば、EU05 SVHCにはフラグ記号が付きませんが、他の該当する管理対象基準にフラグが付きます。 つまりJAMP管理対象物質リストVer.3.010を外部リストとして利用した入力支援ツールMSDSplus ver.4.0とJAMPAIS ver.4.0では、上記44物質についても調査できることになります。未収載の15物質については、最終的にSVHCとして決定された場合に、この12月頃予定されている臨時改訂でリスト収載します。

  今回の候補公示物質の詳細は「SVHC_2012年9月パブコメ物質.pdf」(pdfアイコン①)でご確認下さい。また8次候補物質のCAS番号をMSDSplus入力支援ツールで検索した結果「8thSVHC_Public_consultation_MSDSplus_20120903.pdf」(pdfアイコン②)も用意しました。この中の備考欄に「Ver.3.010未収載」と記した15物質は収録できていませんが、表「SVHC_2012年9月パブコメ物質.pdf」をご覧いただき、確認の要否をご判断下さい。

① パブコメ

② MSDSplus

ページトップ