JAMP共通形式の普及によって、サプライチェーン上の情報を、円滑・効率的に伝達します。

JAMP共通形式は、サプライチェーンパートナーシップ基本指針に従い、管理ガイドラインに基づき利用してください。
(※)2016年4月より、JAMPは MSDSplus/AIS に加え、chemSHERPA-CI/AIの運用も行っています。

川上企業→川中企業→川下企業